スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三重県熊野でカヤック&スモールボートフィッシング


6月3日、三重県熊野でカヤック&スモールボートフィッシングをしてきましたので紹介させて頂きます。






朝7時に現地集合してから、各自のんびりと準備を開始して行き、綺麗な山に囲まれた砂浜からエントリーしたのが1時間ほどたったころだろうか...


最高の天気に恵まれて今回ののんびりとしたカヤック&スモールボートでの釣りがスタートしていった。









今回はカヤック3挺とゴムボート1挺で行われた。
何故にゴムボートがいるのか?それはカヤックフィッシングの写真や動画を撮りたかったのです。(私がゴムボートに乗っておりました)


エントリーしてからまもなく水深20mのポイントで魚群探知機から反応の音が響く。中層に結構な反応が出ている。試しにジグを投入してみると何かがヒットした。 しかし、全く引かない、ただ、プルプル震えているだけ。上げてくると、10センチくらいのサバ...
ほぼジグと同じサイズである。このポイントにはこのサイズのサバが群れていると判断して次のポイントへ。


また、少し進むとまたしても反応の合図が聞こえてくる。
水深は30m前後。川嶌さんが、『何か来たよ!!』っと叫ぶ。





なかなかいいサイズのホウボウ!!


その後も反応を探しながら移動を繰り返していく...





私が乗るゴムボートの少しながらの移動力を生かして、カヤックの方々よりも早く少し深い40~50mのポイントに入っていった。すると、ポツポツとカサゴやアカハタやオオモンハタ等が心地よい引きを味会わせてくれた。





GREEN のカヤックがこちらの方へ向かってきた。





ゴムボート班 『何か釣れました?』

GREEN (川嶌さん)『釣れたよ!赤いのが‼』
っと顔をニヤニヤさせながらクーラーボックスの蓋を開けると、





それはニヤニヤするのも分かるような真鯛が取り出された。



これを見た私たちゴムボート班はその真鯛が釣れたポイントに向かった。





案の定、魚群探知機から反応のサウンドがけたたましく響いた。


同船のT氏が何かをヒットさせた!!





上がってきたのは、





いままで見たこともないようなサイズのキジハタ‼





後程の計測の結果【2620g】のキジハタでした。


その後ものんびりと景色を楽しみながら三重県熊野の海を堪能して昼過ぎには砂浜に向かって舵をとった。


砂浜に戻り、同行のメンバーのクーラーボックスを覗くと、エサでカワハギを釣っていたり、カツオが釣れていたりと色んな魚が私たちを楽しませてくれていました。


また、川嶌FAMILYとY氏FAMILYが砂浜でお子さんと戯れる姿に凄く癒されました。








本当に充実した1日を過ごすことができました!!


今回の上記の内容とカヤックフィッシングの楽しさを知っていただけるように動画を制作してみましたので良かったら見てください。m(_ _)m


    今回の動画がこちらです!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 
三重県熊野でカヤック&スモールボートフィッシング動画!!


また、このフィールドでは去年の9月頃にもカヤックでチャレンジしてカンパチの幼魚【シオ】と超高級魚のクエなども釣っている凄く魅力のあるフィールドです。











私が思うカヤックフィッシングのメリットは好きな時間に好きなだけ釣りができる、またカヤック自体を揃えてしまえば交通費のみで上記のような魚が釣れてしまう。

また、私もそうなのですが日頃の運動不足の解消にもってこいの釣りだと思います。
釣りだけでなくレジャーとしても使えるのもカヤックなのかもしれません


興味がある方は【IN THE STREAM】へ足を運んで聞いてみてください‼


これで今回の『三重県熊野でカヤック&スモールボートフィッシング』の紹介を終わらせて頂きます。




【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【インザストリーム 通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/
スポンサーサイト

魚類メモリアル剥製は手間と時間が掛かる楽しい仕事‼

4月14日、愛知県小牧市にある魚類剥製アフターフィッシングギア『飛魚丸』に短い時間遊びに行ってきました





忙しい中でも笑顔で迎えてくれた、飛魚丸の谷さん!!





私がプレゼントしたステッカーは喜んで頂けたのか...?


そして、剥製工房内を見学させて貰いました!!








カジキの頭部の剥製作業工程





また、下処理作業など1つの剥製品が出来るまでには物凄く手間と時間と労力がかかることが素人の私でも直ぐにわかりました


また、製作途中の乾燥待ちなどの間に違う作品の作業をしたりと相当に頭を回転させて作業をされていました





これは日本の固有種のアカメ!!

高知県と宮崎県で狙える相当にレアな魚



また、日本全国からの沢山のメモリアルフィッシュが送られて作品になろうとしていました





カジキの尻尾や





カジキのビルなどなど...












また、狙って釣ることが出来ないらしいレアな【フウライカジキ】も見せて貰いました





自分はそんなカジキがいることすら知らなかったので凄く勉強になります



続いて、塗装ブースを見せて貰いました






カジキにブラックバスにイワナが綺麗な姿になるのを待ちわびてました


しかし、綺麗な作品になるまでの道のりは遠いようで鱗の一枚一枚に手書きで色を乗せていくらしいです...


とんでもなく繊細で時間のかかる仕事量に驚きの声しか出ませんでした( 。゚Д゚。)



しかも、今作業されているのは2015年に製作依頼を受けたものらしいです...


でも、この膨大な作業量を考えるとそれくらいの納期がかかってしまうのも納得できます



これを作業量を一人でやることを考えたら私には無理です...絶対に😅


しかし、谷さんは『厄介な作業が多い』っと言いながらも『でも、楽しい仕事だよ!!』っと作品を見つめながら僕に呟いた...


私は谷さんのその言葉に男の背中を見たように思えた(笑)


忙しい中で色々な質問に笑顔で答えて見学させて下さった 谷さん、本当にありがとうございましたm(_ _)m


私の2016年に依頼したバショウカジキは飾るスペースは確保してありますので焦らなくていいですよ(笑)


皆さんもメモリアルフィッシュが釣れた際には魚類剥製アフターフィッシングギア『飛魚丸』に依頼してみては..

一生の思い出になる作品を制作してくれますよ!!


また、興味のあり方は一度工房に見学にいってみてください、谷さんが笑顔で迎えてくれるはずです!!



これで剥製工房見学を終わらせて貰いますm(_ _)m

五島列島ヒラマサゲームチャレンジ‼

2018年3月24~25日に長崎県五島市福江島にヒラマサゲームをしてきましたので紹介させて頂きます
(かなり長文になりますのでご了承ください)






お世話になったのは1年半まで福井県三国で遊漁船をされていた『K,s』さんで現在は長崎県五島で遊漁船をされています


三国でやられている頃からチョクチョク乗船させて頂いており、私の印象は攻める(ランガン)イメージが強い船長で私達を飽きさせない釣りのスタイルを持っている!また、開拓を常にされている方


そんな船長が長崎県五島で遊漁船を始めると聞いてから、相当に気になっていた自分が居ました


実は去年の10月にも『K,s』さんにチャレンジをしている私ですが... その時は台風21号が発生して五島までは行ったのですが船を出せるような状況ではなく現地で五島観光をして、杉本船長と晩御飯をさせてもらって五島のヒラマサゲームの話などを聞くだけに終わってしまっていました


その五島ヒラマサの話を聞いてしまったら最後...
私の心に火がついてしまった!!


その時に3月末が良い時期だと船長から伺っていたので、台風から逃げて帰ってきて直ぐに杉本船長に『2018年3月24~25日にリベンジに行きます!!』っと予約を入れて今回に至りました


これから五島に行かれる方もいられるかもしれませんので細かく紹介させて頂きます


五島へは幾つかの行き方があります!

まずは全て飛行機行く行き方で『福岡空港もしくは長崎空港まで飛んで乗り換えで五島福江空港着』このプランは飛行機の値段が高く、週末のみで朝イチに五島入りを考えると福岡もしくは長崎で前泊して朝イチで五島福江空港入りになってしまうために前泊費もかかってしまう...
また、結構忙しい


次に時間に余裕のある方で値段を押さえたいのであれば、車で乗り合いで(夜光バスで)福岡博多港もしくは長崎まで行って高速船やフェリーを使用して行く行き方もあります
これは長時間の移動に耐えられる方にはオススメです!
また、少しお金に余裕があれば飛行機より高いですが新幹線も使用できます



次に今回私達が使用したプランはこちらです!
週末の丸2日釣りがしたいのと出来るだけ荷物を預けれる事を考えて、金曜夜22時までに福岡空港に到着する飛行機に乗り、そこからタクシーで博多港(20分)に移動してから野母商船『太古』博多↔五島航路のフェリーの手続きをして23時45分に博多発して色んな島に寄りながら翌日朝8時15分に五島福江島に到着するプランです
(野母商船『太古』博多↔五島航路は事前予約しています)

このプランだと荷物の制限もゆるく、朝イチからの釣りの為にしっかりと睡眠が取れるので良いかと思います


そして、太古フェリーの内部は




凄くゴージャスでした!



また、自販機や




綺麗シャワールーム・トイレもしっかりと設備してあります!


私達が就寝したのはスタンダードですが



寝るだけなら十分でした!
他にもスイートルームやファミリー等といった等級が設けられているので自分にあった等級も選べれますよ

値段は少しのプラスしますが...

この博多↔五島航路のスタンダードの値段は4840円は相当に魅力です


また、フェリーには展望デッキがあり




福江島に到着する前に立ち寄る列島も眺めることが出来ます








そん中でしっかり睡眠をとり、のんびりと展望デッキでコーヒータイムをしていると8時15分に目的地の五島福江島に到着!!


フェリーを降りるとお世話になる『K.s』杉本船長と宿泊する『海星』さんがお出迎えしてくれました!


すると直ぐに宿に荷物を預けて、今日の船上での飲料水や昼御飯などを買い出しに行って、念願の五島『K,s』に乗船してヒラマサゲームが始まっていった...








初めてのフィールドはワクワクが止まらない💓

また、今まで私が行った離島は八丈島・青ヶ島・種子島・壱岐・トカラ・与那国島などに行ったがこんなに島々が細かく連なった場所は初めてで、その島と島の間を船を走らせて幾つもの島を繋げる橋をくぐっていく光景は圧巻でした!!

ワクワクしすぎて写真を撮るのも忘れてしまいました...

見いってしまうってのはこういうことなんですね!



そして、五島列島でのヒラマサゲームを2日間思う存分堪能した!


























































































  


っと2日間の五島列島ヒラマサゲーム(キャスティング&ジギング)を思いっきり堪能‼


もっと写真を撮りたかったのですが、なかなか撮ることが出来なかったことが今回の一番の後悔...すいませんm(_ _)m




また、釣り以外の五島福江島での楽しみは...❤





五島牛の焼き肉です!!








これが堪らなく美味しくて堪りません!!


疲れた体が欲する旨さなのです💖五島に来たらこれ間違いないですよ‼





釣りを堪能して旨いもん食べたら他に何も要りません(笑)



また、釣りだけじゃなくて五島福江島には沢山の名所があるようです!

温泉に綺麗なビーチに教会や昔の集落など観光するところも満載‼

次回、余裕があれば観光もしてみたいと思う私です


また、宿泊した『海星』さんも凄く釣人に理解があります!





お世話になりました!!また、次回もお願いしますm(_ _)m





そして、私が初めてヒラマサをメインで狙ってみて思ったこと...


まず、ヒラマサ誘い出しですが何となくルアーを跳ねさせずに綺麗にペンシルを潜らせなければバイトしてこないように思いました、またダイブアクションが中途半端だと全くバイトしてこない

チェイスして来たからといって喰わせの間を与えるとバイトしてこない、同じリズムでアクションさせるか何らかの動きを与えるとそのままヒットしてくるイメージだったような気がします


私は誘い出しを始めたばかりなので、間違っていたらすいませんm(_ _)m


また、バイトしてもフッキングが出来ないことがよくありました...


ミスバイトの事です!帰ってきて使用していたルアーを確認したところ


ミスバイトの痕が沢山ありました





頭の部分に





背中の部分などにこれをしっかりとフッキング出来ればもっとキャッチ出来たのでしょう


杉本船長が誘い出しが上手な人は絶対に掛けてくるよ!って言ってました

でも、それを聞いた瞬間に何となく上手な人はチェイスしてきたときに何らかのヒットに持っていく動かし方をしているんだろうと思いました


それは喰わせてもフッキングが難しい釣り『雷魚』をやってるのと同じなのかもしれません

上手な雷魚マンはそれを考えてやっているらしいので


このヒラマサ誘い出しのフッキングは回数と経験をしなければ改善は出来ないでしょう


ブリとは違って、ヒラマサは相当にルアーの動きにシビアで、尚且つフッキングが難しいターゲットだと思います


また、そのルアーの動きにシビアなのはジギングにも言えると感じました


今回、初めて行った五島ヒラマサで大型にラインブレイクさせられると聞いていたので、自分はカンパチを狙うラインシステムで挑みましたが、釣れないことはありませんが明らかにラインの太さで釣果に差が出たような気がしました、それはラインの太さでジグの動きに抵抗が出て動きにシビアなヒラマサは見切ってしまうように思いました


それは現場でやってみて解ったことです!
私がジグを一番先に落としてジグにアクションていると下から7メートルの付近で魚がジグの後ろに付いてジグの動きが一瞬変化する...喰わせようとしているが途中で見切る


そして、後からアクションさせてきた私の半分のラインシステムを使用している人にヒットする!このような状況が何回かありました


これはラインの抵抗によるジグの動き(フォールの姿勢やスピード)に違いがあるように思います


皆、同じようなタックルバランスなら解らなかった事なので本当に勉強になったと思います!


これは誘い出しでルアーの動きでチェイスの数が違うこともあったので気付いた事です


今回は本当に色んな勉強ができた釣行になり、長崎県五島に感謝、『K.s』杉本船長に感謝、同行のメンバーに感謝です!



また、次回腕を磨いてタックルバランスを考えて五島列島のヒラマサチャレンジしたいと思います‼



【今回使用タックル】

《キャスティング》

ロッド・8フィート

リール・14000番(XG)

ライン・PE6号

リーダー・T,KustoM ULTRA INVISIBLE 130Ib

ルアー ・マリア ラピード 230 ...etc









《ジギング》

ロッド・T.KustoM CUDA VAGI STICK MH (プロト)

リール・10000PG

ライン・PE 4~5号

リーダー・フロロ130lb

ジグ ・鉄ジグ スイムライダー 300g
ナガマサ 300g
背黒 300g...etc



これで長文の五島列島ヒラマサゲームと五島へのアクセスの紹介を終わらせて頂きますm(_ _)m


新鮮さ思い出された伊勢湾ジギング!!

12月3日、青物が好調の伊勢湾ジギングに行ってきましたので紹介させて頂きます






今回、お世話になったのは河和港から出船の【明康丸】さんです!


また、同行させて頂いたのは最近ジギングに熱心に通い始めた方々






ポイントに向かう最中に彼らと釣りのコミュニケーションをとっていると、私が忘れかけていたものを思い出させてくれた!

それは釣りに対しての新鮮な考え方でした!!


話をしているだけで、昔の自分...釣りが楽しくて仕方がないっていうような雰囲気がヒシヒシと伝わってくる


何故か私までワクワクしてきた!


そして、ポイントに到着すると既に凄い数の釣り船が船団が出来ていた





水深30メートルの浅場での青物狙い!!


どのような釣りになるのか?期待と不安が入り交じりながら釣りがスタートしていく


すると、直ぐに着底してからハイピッチを5回でストップさせてからの次のシャクリに入ろうとすると、ガガッと引ったくる当たりで心地よい引きをしたハマチがヒットしてくれた


周りの方々もポツポツとハマチをヒットさせていく





これはいいスタート!!っと喜んでいると....


徐々に魚からの反応が少なくなっていき、その後は全く反応がなくなってしまう....



当たりが無くなると周りの皆さんは今までジャカジャカ巻きや早めのシャクリで狙っていたのですが、突然とスロージギングにシフトしていく...


スロージギングは確かに釣れるかもしれませんが、私はその逆のハイピッチで狙い続けた




何故かと言うと...


1.ヒットレンジをボトム付近と考えてそのヒットレンジを手返しよく1回の巻き上げは10mほどですぐに落とし直しを繰り返すことで毎回ジグが着底する場所を替えることでスロージギングよりもより多くの違う場所が狙える


2、周りがほぼスロージギングをやっているのなら、逆にハイピッチがチャンスだと思ったからで、皆さんがジグをフワフワさせているのなら、そのフワフワの中から早いスピードでジグが飛び出してきたら魚は絶対にリアクションしてくる


そうです、リアクションバイトを私は狙っていたのです!!


何年か前には伊勢湾でまだ皆さんがスロージギングをそれほどやられてないときに私がジャカジャカ巻きが主流の中でスロージギングで魚をヒットさせていったことがありましたが、その時は今回の逆で早く動くジグの中にフワフワしているジグがあればそちらが目立つ!!
(この時のブログは【ボッコーネな伊勢湾!!】で投稿していますので気になる方確認してみてください)


なので、私は周りの人と真逆な釣り方をして自分のジグを目立たせることで全く反応が無いときに魚からのコンタクトを取る事が多いのです



そして、今回もその目立たせるイメージが当たったのか?


ハイピッチでリアクションバイトを狙って...





鰤をヒットさせてキャッチ!!


続いて、全く同じやり方で...





まあまあサイズの真鯛もヒットさせてキャッチ!!


周りのスロージギングでやられている方々には全くコンタクトはない状態でした


実際に私は釣りは上手くはありません....


周りの人を使って自分のジグをどれだけ目立たせるがを考えているだけなのです


そうです!私は人との駆け引きをして他の人を犠牲にする腹黒い釣り人なのです....


しかし、このパターンはコンスタントに釣れているときは使いませんが、全くコンタクトが無いときに実行する癖があります


もし、私を見掛けて人と違うことをやっていたら【癖が出とるよ!】っと言ってください(笑)


多分、恥ずかしいのですぐに赤面すると思います


しかし、毎回この釣りをすれば釣れる訳ではありません


ダメなときは駄目で【今日、人と違うことをヤっとるへんな奴がいた!!】っと言われる事もあると思います


他の伊勢湾の釣り船がどのような状況だったのか分かりませんが、その後はパッとした魚からのコンタクトもなく、今回の伊勢湾での釣りは終了していきました


確かに魚が釣れたこと嬉しいですが、本当に嬉しかったことは最近ジギングに通い始めた同行のメンバーの3人にいい刺激を与えることが出来たこと


それは帰港して船長に乗船料を支払う時に、同行の1人が直ぐに次の乗船予約をしていたことでした


その光景を見たときに凄く新鮮な気持ちになれたのは...


私も同じような事をしていたことがあるからでした!


私がジギングをやり初めて間もないときに船の中で、誰も釣れていないのに一人だけボコボコに釣る人に出逢ったときに純粋に感動して、その船に通ってその人のテクニックを見て盗んで練習していたのを思い出したからです


最近ではその様な新鮮な気持ちになることがなくなっていたために、今回の釣りは私の中で色んな意味で良いものを思い出させて貰った釣行となったのです


本当に私事ですが、これからジギングを本格的にやっていこうとしている方々に、今回のように刺激を与える事もそうですが...


私が先輩方に色々と教えて貰ったことを、これからの彼らに同じように私達が手助けをして行くことが大切な事なのかもしれませんね


何か凄く熱くなりすぎましてすいません...m(_ _)m


久しぶりに新鮮なもの見て熱くなってしまいました(笑)


これからも同行したメンバーと釣行を重ねて、彼らの上達といい魚を釣っての最高の笑顔を見るのが楽しみで仕方がありません


今回は彼らの写真は全く撮ることができませんでしたが、いつか私が彼らの写真をこのブログにアップするのを期待していてください!



 

【今回使用ワンタックル】

リール・シマノ オシアカルカッタコンクエスト300HG


ロッド・6.3ft スーパーライトジギングロッド


PE・1.2号


リーダー・フロロ20lb


フック・シャウト スパーク2/0


使用ジグ・ダイワ TGベイト150g 緑金のみ


基本的に私はワンタックルしか持っていかないので始めから最後まで自分のやり方を貫き通す人なのです!


一番メリットは帰ってからの片付けが楽なことですかね?(笑)


これで今回の伊勢湾ジギングの紹介を終わらせて頂きます
m(_ _)m

滋賀県余呉湖に解禁直後のワカサギにチャレンジ!!

2017年11月25日、滋賀県余呉湖に解禁直後のワカサギに行ってきましたので紹介させて頂きます





まず、余呉湖でワカサギを楽しむには漁業券(1,400円)が必要


どこで買うのか?っと思いながら桟橋にむかうと





釣りをする桟橋の手前に分かりやすくプレハブがあり、そこで漁業券は勿論、レンタルタックルなど仕掛け・エサ(サシムシ・赤虫)が全て揃うようになっています


そして、いざ桟橋を進む






私よりも先に到着して余呉湖の釣りを楽しんでいる知り合いの方の所に向かっていくと


今年の余呉湖でのワカサギ釣りを待っていた方々が竿先を見つめて繊細な当たりを堪能している!












一番奥まで歩いて行って、知り合いの方々と合流


皆さん、凄い集中力で繊細な当たりを取ろうと竿先を見つめていた








やり方は人ぞれぞれで、のべ竿でやる方や電動リールでやられている方


実は私もワカサギ釣り自体が初挑戦なので、どんな釣りになるのか?どうやればいいのか?解らないために周囲をチラチラ....


まず、仕掛けを作ろうとラインを見るとメチャメチャ細い...

先週はバラムツでPE5号などを使用していたので0.2号のPEラインを結ぶのに若干の戸惑


次にエサの赤虫を針に付ける作業


今までに見たこともない極小の針7本!!


また、その小さい針に細く短い赤虫を潰さないように針に掛けていく...

今までにやったことのない作業に相当に悪戦苦闘...


自分の不器用さが嫌になりそうになる


相当にに時間はかかりましたが何とかエサ付け終了で釣りを開始!!


この余呉湖の桟橋の水深は3メートル程らしく、1.8gの錘を付けて底に仕掛けを送り込む


すると、すぐに竿先に細かい叩く様な細かく震える当たりが...

しかし、どのタイミングあわせをいれるかわからない


とりあえず、適当にあわせると何となくの重量感と共に細かいバイブレーションが伝わる


そして、私にとっての初めてのワカサギが顔を見せてくれた!!





サイズは小さめですが、凄く嬉しいファーストワカサギ!!


その後も着底すると同時に竿先を持ち上げたり、細かく叩いたりする繊細な当たりを堪能する


もちろん、私の周りの方々も









黙々とワカサギを釣り上げていくAさん!









今回、誘ってくださったBさんも!!





ワカサギ釣りのやり方を色々教えてくださったIさんも!!



そんなこんなで集中をして釣り続けると





初心者の私でも200匹オーバー釣ることができました!!



周りの方々は私の倍は釣られていました!!


今までほぼルアーの釣りしかやることがなかった自分にとってのんびりと周りの風景を堪能しながらの釣りは本当に新鮮そのものでした!!


これからはルアーは勿論、色んなジャンルの釣りをして行こうと思う私です....m(_ _)m



滋賀県余呉湖は名古屋からなら1時間ちょっとで行け、木之本インターから車で15分で到着できるのでアクセスも良いので興味のある方、一度手ぶらで行ってみても面白いかもしれませんね


レンタルタックルもしっかりしていますので心配いりません


また、釣り桟橋の目の前には食事処や自動販売機に公衆トイレもありますので冷えきった体を温めながらの食事に休憩もできるみたいです!



*これから寒さもきびしくなるので防寒対策はしっかりした方が良さそうです。また、車のタイヤはスタッドレスを用意した方が間違いないと思います







これで2017年滋賀県余呉湖ワカサギの紹介を終わらせて頂きますm(_ _)m

大型のバラムツは深いところにいた!!

11月18日、TEAM IN THE STREAMのメンバーでナイトバラムツゲームをしてきましたので紹介させて頂きます





お世話になるのは静岡県清水港近くから出船できる『大黒丸』さんでパワフルな船長さんです!!





バラムツゲームは大体17時30分出船で少し早めに現場に到着して準備をする面々






ふっと周りを見渡すと山頂が雪化粧されている日本一の富士山🗻が綺麗に姿をあらわしていた






そんな富士山に見守られながら薄暗くなり始めたポイントに向かった





最近の状況は水深140~200mの深さでヒットが多いとの事です


各面々がそれぞれ考えた深さを探っていく


そして、ファーストコンタクトは140mラインでポロポロと魚がヒットしていく....





まずはこのサイズのアブラソコムツに






このサイズのバラムツがポツポツヒットしていく



しかし、140mラインをやれどやれどこのサイズのバラムツとアブラソコムツばかり...



また、ジグのアシストフックに付けるトレーラーのエサを秋刀魚~イワシ~イカなどとローテーションしても変化はない



そんな中で220mラインを狙っていた岡田氏のリールからラインが引き出されるサウンドが聞こえてきた


上がってきたのは25キロサイズのバラムツ!!





深いレンジには大型がいるのか?


そして、深いレンジを探るようにしたが140mラインと違い魚からのコンタクトは全くない...


あまりにもコンタクトが無さすぎるので140mラインに戻して探っていると


加藤氏が魚をヒットさせた!







ヒットさせたのは200mラインで初めは【小さいよ!これっ!!】って巻いていましたが50m程巻いて来たところから突然...





魚が本気を出して来たようで楽しいファイトが始まっていった






徐々に口数が減っていく加藤氏






そして、話し掛けても応答がない状態に...






上がってきた魚は今回最大の32キロのバラムツ!!





すかさず、船長が【いいサイズのバラムツ!!】っと言いながら写真撮影






さっきまで応答の無かった加藤氏だが、このサイズのバラムツとのファイトを楽しんで相当に面白かったのか?





満たされたいい顔でバラムツを新品の防寒着での膝乗せを披露してくれた(笑)



その後も200m付近でヒットする魚は140mラインの魚よりもはるかに大きい魚がほとんどでした







その後は加藤氏の魚を越える魚は出なかったので写真を撮らずリリースをさせてもらいました



なかなか普通の近海ジギングでこのサイズの魚に出逢えることが出来ないが、このバラムツゲームでは魚種は違えど自分が今まで釣った魚の自己新記録になるサイズが簡単に釣れてしまう。また、大型魚ならではの強烈なファイトが堪能できるゲーム


また、ラインシステムの強度の確認も出来るのでこれから遠征に行って大型魚を狙いたいって方にはオススメしたい釣りの1つだと思います





【使用タックル】

ロッド・T,KustoM CUDA VAGI STICK (H プロト)

リール・シマノ ステラ20000

PE・バリバス 10/10  4~6号

リーダー・T,KustoM ULTRA INVISIBLE 170lb

フック・T,KustoM OIL FISH

ジグ・300~400g

トレーラー(エサ)・秋刀魚・鰯・イカ...etc





これで今回のバラムツゲームの紹介を終わらせてもらいます

強くて大きい魚にラインを出されてドラグサウンドを聞くのが大好きなんです💕

9月30日、静岡県清水港からミッドナイトのバラムツフィッシングに行ってきましたので紹介させて頂きます





今シーズン初のバラムツフィッシング!!
また、オフショアをやり始めようかっと考えている3名とバラムツ大好きな3名の6名で夕陽に見送られながらスタートしていった...





ポイントに到着して1投目!!

まだ、バラムツを釣ったことがないH氏に早速の当たり...


半信半疑でフッキングを入れてヒットに持ち込み今回のファーストフィッシュ!!また、彼にとってのファーストオイルフィッシュ!!






あがってきたのは、アブラソコムツで準備運動には丁度いいサイズ!!

初めてオイルフィッシュを自分で釣ったので若干ビビりながらの写真撮影(笑)

*ちなみにH氏は左手の薬指を骨折した状態でこの釣りにチャレンジ!!違う意味でもチャレンジャーなのかもしれません



その後もオイルフィッシュからコンタクトは頻繁にあり初挑戦に近いメンバーが次々とアブラソコムツをヒットさせていく





柔道で鍛えられた強靭な体で魚をねじ伏せていくJ氏!!

初めてこの魚とやり合っているのに見ているこちらも不安を感じさせない安定のファイトスタイル!!





こちらもファーストオイルフィッシュを釣り上げる!


次々とヒットしていく...






こちらも柔道で鍛え上げられた強靭な体でこのサイズの魚をヒットさせても笑いながらファイトをするK氏でファーストオイルフィッシュをゲット!!



そして、サイズアップをしていく






するとサポートをしていたT氏が辛抱堪らなくなり釣りをスタートする






すぐさまヒットで...





やり取りをとことん楽しんでこの笑顔(笑)

この人は相当にこの釣りが『好きなんです💕』




その後もヒットは続く...










その度にギャフ入れをサポートをしてくれるO氏!!






初挑戦の3名にこの釣りを楽しんでもらおうとサポート役をしてくれました!本当に感謝ですm(_ _)m


私もちょこちょこ釣りをして今シーズン初のオイルフィッシュを楽しみました(`ー´ゞ-☆






また、皆が水深150mを狙っているなかで水深40mを狙っていると...


小さな前当たりがあった後に竿が持ち上がった!!

すかさず、リールを巻いてフッキングを入れたとたんにフルドラグをかけたリールからラインを出される強烈な突っ込み...



魚は船の下に突っ込む!!そのまま腰を浮かされて船縁でシーソーの状態になり水面に落ちる寸前...


何とか体勢を戻してとにかく耐えた!その後も多少のやり取りが続き魚が水面に浮上すると150キロくらいのアオザメ...!!


これ『どうしょう?』っと考えていると再び船の下に突っ込んで行ったので、またしても私の体は船縁シーソーに(笑)


流石に船に上げれないのでラインを切ろうとすると
...


隣からとんでもない言葉を発するH氏!!

『もう一回見たいからみせてくださいよ!』っと呟く


人が船縁でシーソー状態になっているのに...


仕方がないのでもう一度水面までサメを浮上させることに


H氏が満足したのでサメには申し訳ないですが、リーダーカットで対応させてもらいましたm(_ _)m



そして、今回の釣行も終盤に差し掛かろうとした時にドラマは起こる....


左舷後方のK氏のヒットの声!!


初めはするすると上がってきたが、残り10mになろうとした時にリールからラインが出されてドラグ音が轟く


これは海面近くでサメに喰われたのだと思った...


それにしてもスピードが早く、一気に150mほどラインが出されて、スプールが高温で触れないほどになった

すかさず水を掛けてスプールの熱を奪った...


別にドラグ設定は低くない、反対に高すぎるくらいの設定
10段階で言ったら9段階のレベルである!!


とにかくK氏はひたすら巻き続け、私たちは応援をし続けた...


30分ほど攻防でようやく奴は姿を現らわした....


サメじゃない!!


デカイアブラソコムツだっ❗❗❗


私も7年程このオイルフイッシュの釣りをしていますがこのサイズのアブラソコムツは見たことが無かった..


私がギャフをかけるが一人では無理、T氏がもう一本ギャフをかける


『せぇ~の!』の声で船内に入れることに成功!


これはどう見ても40キロは楽に超えている....


私は現在アブラソコムツのJGFAの日本記録ホルダーでもあるTEAM IN THE STREAMの会長が日本記録を出したときに一緒に居ましたが、それを遥かに超えている






測りはしませんでしが、43キロはあるアブラソコムツです


このサイズのアブラソコムツだから150mも一気にラインを出せたんでしょうね


釣ってはみたいと思いますがファイトを考えるとゾッとします!Σ(×_×;)!






疲労と満足で訳の分からないテンションになっているK氏でアドレナリンが出て汚れるのもためらわずに笑顔で膝乗せ!!

魚が小さいんじゃないです!
K氏の体が大きいのです伝わりずらいかもしれんが...


他のメンバーと写ってる写真を見ればわかると思います!


皆で集合して記念撮影!!





釣り上げたK氏も同行のメンバーもこの魚に出逢えて最高の笑顔でした!人の魚でも感動できるメンバーと釣りが出来るのは最高です!!


また、釣りがもたらす感動に魅了された私でした(笑)


これからも自分の目標を狙いつつ、まだまだ敷居の高いと思われがちのオフショアを始めようと考えている方々に小さいですがサポートをしていき感動を共にできたらと思っています!


*まだ、この釣りをしたことのない方に
バラムツ・アブラソコムツの釣り方は普通にジギングでも釣れますが私達はジグのリヤに長めに製作したアシストフックを付けてサンマやイカやイワシなどをフックにかけて魚のいる棚を探してヒットさせていくやり方です!

これが一番簡単に釣れるやり方だと思います!その中でもエサの付け方や動かし方で明らかに釣果に差がでるのも面白いところです!


興味のある方は一度チャレンジしてみては、簡単に大型の魚に出逢えて強烈なファイトは病み付きになるに違いありません!!


また、近年キハダの大型が近海で釣れるようになっているので、オフシーズンにキハダとのファイトの練習にもなりますしラインシステムの強度の確認にもなると思います


今回、お世話になったのは静岡県清水港の近くから出船できる【清水 大黒丸】さんです!





気さくで面白くテンションの高い船長がエキサイティングなオイルフィッシュゲームをサポートしてくれると思います!

まだ、チャレンジしたことが無い方は一度やってみてください!!




【使用タックル】

ロッド・T,KustoM CUDA VAGI STICK TYPE M
(プロト)

リール・シマノ ステラ 12000~20000


ライン・バリバス 10/10  4~6号


ショックリーダー・T,KustoM ULTRA INVISIBLE 170lb


フック・T,KustoM OIL HOOK


ジグウェイト・300g~400g





これで今回の紹介を終わらせて貰いますm(_ _)m



三重県安乗キャスティング大会でシイラ&キハダ

8月27日、毎年開催される三重県安乗シイラキャスティング大会に参加してきましたので紹介させて致します





朝4時から受付開始の5時にスタートフィッシングで一斉に7艇の船がポイントに向かう





結構なガチャガチャな海面と漂流物の無さに若干の不安を感じながら大型のシイラを狙ってキャストをして





また、雰囲気のある所を探す








そして、シイラを誘う!!











すると...





不安を消し去るように小型のシイラが私達のルアーに襲いかかってくれた





体が熱くなり着ていたTシャツを脱ぐ光景も





小型のシイラとは皆さん沢山戯れていました!次はサイズアップを狙うのみ...








そして、何本かのメータークラスのシイラをヒットさせる


今回、私達が乗船の中で一番の大型が...








バレないように丁寧に寄せる





そして、満面の笑顔に





その後も上を目指して昼の12時のストップフィッシングまで狙いつづけた...


そして、終了になり帰港の途中で





オフショアを思いっきり楽しみ、これから始めようと考えているお二人!!一度も休まずに常に竿を振っていました

(帰りの車の中で道具は何を買ったらいいのか?の質問攻めでした(笑))

多分、これからオフショアの釣りにドップリとハマっていくのでしょうか?





また、疲れて寝るこの方も...😪


港に到着して検量をしている間にタックルの片付けと着替えをしていると








今大会でお世話になった船長達がフラフラ...


また、表彰式に向かって行くと





主催者に集まる悪ふざけな大人達...(笑)

何故か?氷水を背後に回って頭や背中に流して変な声を発している


私は犠牲にならないように距離を取る


そして、表彰式がスタート!!





総勢50人の頂点は誰に...





まずは3位!





我グループからK氏





続いて2位!!





そして、1位は...





Sさんでこの写真の魚です!!





また、シイラメインなので外道になりますがキメジも沢山釣れたようです!!


そして、特別賞で





女性アングラーの一宮『チームなぶら』さんのAさんでファーストキハダ23キロをゲットしてました!!

本当におめでとうございます‼



また、今大会で協賛して下さった【BOZLES】さんの商品のジャンケン大会!!





っで色んな景品をゲットされてました












また、Kさんからも近江牛の商品も





ゲットしたのは





氷水を持ったO氏でまたしても主催のOさんに氷水をかけてました(笑)


こうして、笑いの絶えない熱い暑い安乗シイラキャスティング大会が終了していきました!!


主催の方々と船長方本当にありがとうございましたm(._.)m

【片山丸・ファイヤードルフィン・小海途丸・ジャーク忠丸...etc】





また、参加者の皆様お疲れ様でした!





また来年もお会いできるのを楽しみにしています!!


本当に楽しい大会でした‼


【使用タックル】

ロッド・T,KustoM CHAGER MH




これで2017年安乗シイラキャスティング大会の紹介を終わらせて頂きますm(._.)m

船中泊で挑んだトカラ列島‼

8月12日~15日、盆休みを使用してTEAM IN THE STREAMのメンバーで船中泊でトカラ列島に挑んできましたので紹介させて頂きます





8月12日の朝4時半に名古屋から関西国際空港に陸路で向かう

若干の高速道路での混雑にハマりながらも無事に関西国際空港に到着





搭乗手続きを済まして搭乗口へ





10時20分、奄美大島に期待と私達を乗せて飛行機は向かった....

そして、12時10分に予定通りに奄美空港に到着した








預け荷物をピックアップして出口に向かうと今回お世話になる【アルカトラズ】の船長と奥さんが出迎えてくださって、そのまま3日間の船中泊をするためにスーパーで飲み物と必要な物を買い揃えた





奄美大島を観光することもなく港に向かってすぐに船に荷物を詰め込んでトカラ列島に向かった...








この日はほぼ移動日でトカラ列島にある宝島に向かう、奄美大島から約4時間ほどで到着したのは夕刻





とりあえず、少しだけ夕刻にジギングをするとツムブリを少々とカスミアジがサメにかじられた姿で上がる...


まずは肩慣らしの準備運動で1日目の釣りを終わらせて宝島の島影で船をアンカリングさせて船上で夜ご飯の焼き肉を堪能


また、停泊している船はライトを点灯しているために船の周りにはその光に寄ってきた小魚を狙って色んな小型のフィッシュイーターが姿を見せた...一番多く見られたのは猛毒を持つウミヘビでしたが(笑)


魚が見えると釣りをしない訳がないので移動途中で私が釣ったキハダの子供を捌き切り身にして針に刺して落とすとアカハタや南方系の魚達が船上を賑わかしてくれた


しかし、次の日から本番なので後ろ髪を引かれる思いで夜釣りを終わらせてシャワーを浴びて船内にあるベッドで就寝についた...




2日目、朝5時に起床して軽い朝食☕🍞を
食べてからトカラでの釣りがスタートしていった





今回はジギング・キャスティング・泳がせっといった何でもありなので、朝イチからサビキをセットしてムロアジの確保から始まる!


船長がムロアジの反応を探して船を走らせる

反応にのせて投入と指示棚が合図され、素早くサビキを投入するとすぐにムロアジがサビキにヒットしてくる

沢山釣り上げた方が効率がいいので魚が付いていてもゆっくりと巻いて他のサビキに追い食いさせるのがコツ


しかし、沢山ムロアジが付くと上げてくるのにかなり苦労する

それもそのはず、ムロアジのサイズが30センチでこれがサビキに4~5匹も付いたら悶絶ものの重量感


また、この悶絶作業で疲れて巻くのを止めるとそのサビキに付いたムロアジを狙ってツムブリや磯マグロ・サメなどムロアジを狙ってサビキ仕掛けをブチブチに千切っていってしまう...ヾ(゚д゚;)


トカラには危ない魚が沢山いる...
このときは私は生まれ変わってもムロアジだけには絶対になりたくないと心の底から思った(笑)


1時間ほどでムロアジの確保が出来たのでポイントに移動





宝島周辺の70m~180mのポイントをランダムに狙う


ジギングと泳がせの両方で攻めると





泳がせにすぐに反応が返ってくるがさかなが強すぎてハリスを根ズレと鋭い牙でブッ千切っていく...


トライ&エラーを繰り返していくと...








大型のアオチビキ!









続いてはイソマグロ!!





カンパチ!!!





超羨ましいコクハンアラ!!!!

などをヒットさせていく...


ジギングにはなかなか反応が悪いが...






カンパチ!





イソマグロ!!








ツムブリ!!!





アザハタ・バラハタなどヒットしていく


また、たまに起こる鳥山にキャスティングで攻めると





小型のキハダ!!


私達を飽きさせない程に南国トカラの魚が楽しませてくれる


また、トカラっと言ったらこの魚ですね!











もう、解りましたね!!








ロウニンアジことジャイアントトレバリー【GT】





サイズは30キロ~40キロクラス





何故か水深100mのジギングで...



続いても...








先程と同様サイズをジギングで!!



また、泳がせではサイズアップのイソマグロ!!





っという感じで2日目の昼間の釣りが終了


この日は同じ宝島だが、1日目とは反対側で停泊になった。この日の夜ご飯は今日釣れたアザハタを使った絶品鍋を堪能


また食事をしていると船のライトの明暗部分で『ザバッ!』『ボコッ!!』っと捕食音が頻繁に聞こえてくる

時には飛び魚が何かに追われて逃げまとい水飛沫をあげて捕食している

この光景見たらキャスティングをしない訳がありません(笑)


そして....








キャスティングに出てきたのはキンガメアジ!


他の魚が釣れないかと私はスロージギングをしていると





またしても、キンガメアジ!!


朝から晩まで釣り三昧の1日(笑)


しかし、やりすぎは禁物なのでシャワーを浴びて就寝しようとすると...

またしても、捕食音が轟く!!

すると、シャワーを浴びてスッキリしたにも関わらずロッドを握り振りかぶる人が1人居たのには流石にビックリしましたが...


本当に釣りが【好きなんだなぁ~💓】明日も朝から釣りが出来るのに....(笑)っと思いながら釣りの夢を見ながら就寝に



3日目、この日も朝5時に起床して朝食をゆっくりと取ってからムロアジの確保をしてから新たなポイントへ





この日は子宝島周辺のポイントを狙う

水深20m~180m


相変わらず、泳がせには頻繁に魚がヒットしていく








カッポレ!!





イソマグロ!!!


ジギングでも








昨日と同様にGT!!





誰が釣っても笑顔になってしまうスマガツオ!!!


(すいません、ここからはカメラのモードのツマミが勝手に回ってしまって撮影した写真が全てマンガモードなってしまいました。ご了承くださいm(._.)m)








マンガモードで分かりづらいですが、ダブルヒット!!











イソマグロのダブルヒット!!!!





っというトカラでの最高に楽しい時間を過ごした...


本来では3日目も船に泊まってやる予定でしたが、次の日から天候が崩れる予報だったので船長の判断で15時に終了して奄美に帰港することになった


しかし、満足するくらいにトカラでの釣りを堪能した私達はとてもいい顔をしていた

また、常に笑い声が絶えることがなかった事が本当に心の底から全てを楽しんでいた証拠だと思います


トカラから奄美に戻る途中にまだ居たいと思う気持ちで一杯の自分が居ました...





しかし、現実はそう簡単では無いのはわかっている...

だから、また来年もこの場所に戻って来ると心に決めながら奄美の港に向かった


今日の宿泊するのは、アルカトラズさんの釣りのお客さんが奄美で快適に過ごしてもらうために用意した【ペンションNAGI】








南の島の雰囲気を堪能できる素敵なペンションで広々としたウッドデッキが付いており、そこから眺める風景は時間を忘れていつまでも景色に見とれてしまう





釣りを無しで訪れてもここに宿泊したいと思ってしまう


そんなペンションでシャワーを浴びて船長が予約して下さった奄美大島の郷土料理が堪能できる居酒屋【むさしや】さんに船長と奥さんもご一緒に夜ご飯を食べることに







船長お勧めのメニューでボリューム半端ない‼

また、アオサの天ぷら・もずくの天ぷら・豚足の煮付け・ヤギ汁など食べながら船長と奥さんがどうやって出逢ったのか?などの話や奄美周辺とトカラでの釣り話を聞きながら至福の一時を過ごした


4日目の朝6時30分に起床して朝食とってから荷物のパッキング





釣りの荷物はいつもヤマト便ですが、ロッドは6月末からヤマトでは送れなくなったので佐川で対応しています。ロッド以外は全てヤマトで送っています

また、お土産の魚の郵送などをやっていると刻々と帰りの飛行機の時間が近づいてくる


船長が空港に行く前に奄美で有名な鷄飯の美味しいお店に連れてってもらうことに





【鷄飯 みなとや】





これがまた凄く美味しかったので1人茶碗3~4杯ペロリといってしまった😋


今回、奄美で食べたご飯は何もかも美味しく私達のホッペタを落としたままに空港に向かい帰りの飛行機に乗り込んで、今回のトカラでの船中泊のチャレンジは終了していった...





オフショアをやっている方なら誰もが聞いたことがあるトカラ列島、そこには私達を魅了する景色・強い引きで私達に悲鳴をあげさせる魚・時間を忘れさせてくれる雰囲気がある


帰ってきては居ますが、まだ心はトカラ列島に残ったままになっている...


また、その残してきた心をトカラに取りに行こうと思う












今回【アルカトラズ】船長・奥さんに色々とお世話になり本当にありがとうございました‼興味のある方は【奄美アルカトラズ】で検索して奄美・トカラでの釣りを計画してみてはどうでしょう?




【使用タックル】

ロッド・T,KustoM CUDA VAGI STICK Type.MH&H         (プロト)   
  T,KustoM CHALLENGER INTERNATIONAL         (プロト)
    T,KustoM CHAGER Type MH


リール・STELLA 14,000&18,000&20,000

MAXEL SEALION no.10


PEライン・VARIVAS 10&103~5号


リーダー・フロロ80~100lb


フック・SALTIGA 5/0


ジグ・アンダマン310g
背黒300g
チャクラデルタ200~350g
セミロック 260g...etc

2017年福井県玄達ジギング

6月22日、福井県玄達瀬に行ってきましたので紹介させて頂きます

1年に1度、2ヵ月間のみ遊漁船でチャレンジできるポイントで毎年大型のヒラマサなど捕獲されている夢のあるフィールド

そんな玄達瀬の解禁1週目にチャレンジ!!


さて、どんな釣りが繰り広げられるのか?


お世話になるのは【KAIUNMARU】さんです!





朝4時30分に船着き場に集合して着替えや荷物の積み込みなどをして5時過ぎに玄達瀬に向かい、1時間ほどでポイントに到着


玄達での釣りを楽しもうと凄い船が周りに浮いている...


また、多くはないが鳥が低空で海面を滑るように飛ぶ交い私達の心を高ぶらせる💓


そして、玄達瀬での長く楽しい1日が始まっていった...


開始早々にボトム~中層に青物の感度が入ると共にロッドも海面に入っていった





川嶌さんが【T,KustoM HAULER】プロトにて魚をヒットさせる






今回同行のMさんもヒットさせる!





我がTEAM IN THE STREAM会長もヒット!満面の微笑み(笑)


っというか...ほぼ全員のロッドが曲がっていたのではないだろうか?

 
私も写真を撮ってばかりではなく





私がテストさせて頂いている【T,KustoM CUDA VAGI STICK】プロト(M)にてヒットさせる


皆さん、玄達を思いっきり楽しんでいました!!









ブリ!





ブリブリ!!






ブリブリブリ!!!





ブリブリブリブリ!!!!





ブリブリブリブリブリ!!





何故か?巨大チカメキントキも...(笑)


写真撮影が出来ない状態もありましたので一部しか紹介することが出来ないことを後悔しています...


これが玄達のポテンシャル‼


大型のヒラマサに出会うことは出来ませんでしたが、皆さん長く楽しい1日を過ごしていました!!


これから玄達にチャレンジされる方へ

熱中症・日焼け対策をしっかりして長い1日の玄達を楽しんでください

沢山のヒラマサやブリなどか皆さんを楽しませてくれるはずです!!


参考までに私が玄達で使用したタックルを紹介してさせてもらいます





ロッドは近海の大物と遠征での使用をメインとして開発している【T,KustoM CUDA VAGI STICK】プロト(M)



リール・ステラ10000PG


PEライン・4号~


リーダー・フロロ70lb~


フック・ソルティガ 5/0


ヒットジグ・セミロック170~210
オッターテイル 180
鉄ジグ    200
アンダマン  300...etc





私の戦略は上のこのジグでした!
何故なのか?





この3本のジグを見比べると....



いつ大型の魚がヒットしてくるかわからないので強めのタックルかもしれませんが大型の魚を目標にする以上はヒットしたら安心してやり取りができ、信用できるタックルでやった方が後悔しないように思います。






2017年、玄達ジギングでした(^o^ゞ

春の鰤フィーバーが開幕の福井県小浜‼

4月22日、福井県小浜で青物ジギングしてきましたので紹介をさせて頂きます





春の青物シーズンが開幕して各地で多くの鰤情報が飛び交う中での釣行期待は膨らむ!!


お世話になったのは小浜の『富丸』さんです





朝7時に港を出発して、先日鰤が沢山捕獲された丹後半島白石に向かった


到着すると凄まじい船団が犇めいていた


水深90メートルラインを狙う


いい感度は入ってくるらしいがなかなか思い通りに行かないのが釣り


しかし、船団の中ではポツポツと鰤がヒットしているらしい


色んなアクション誘って魚を誘惑する


大きめのワンピッチでジグを飛ばしてフォールを長めにとるイメージで底から5回繰り返すとバイト!!フッキングで重みがのったが直ぐにテンションが抜けた...


回収したジグを確認するとリヤに歯形


後ろでもヒットと共にバレったとの声が聞こえた

あまり、活性が高くない状況が続いた...


何となく時合い待ちの状況か?


しかし、船長は冠島に移動を決断!!


70メートルラインを狙うがイマイチ感度が良くないようですぐに小浜に移動となった...


ちょこちょこと鳥が低空で海面を滑るように飛んでいる


魚が動いているのだろうか?


すると...


ポツポツとヒットが始まった!!





キャ藤氏ヒット!!
ロッドはT,KustoM DOTERA ML TYPE






丸々と太った鰤をゲット!!





T,KustoM 梅村氏もヒット!!
ロットはT,KustoM Hauler プロト





これも丸々と太った鰤!!!





またしてもキャ藤氏ヒット!





釣れれば全てがブリンブリンの鰤!!!


梅村氏と加藤氏のダブルヒット‼








そして、ランディング





写真撮影で


 


梅村氏!!





加藤氏!!

そして、お二人で鰤同士をキス💋させて





お二人とも最高の顔をしていましたO(≧∇≦)O



こうして小浜の青物ジギングは楽しく終了していった





【これから丹後や小浜に行かれる方へ】


今は釣れれば鰤が確定のようなのでそれなりにラインは太めがいいと思います

また、ドテラ流しでヒットが多かったのでそれなりのジグの重さも必要です

そのドテラ流しですが、反対側は逆ドテラになるので魚とのファイト中のおまつりや流すライン角度で船底に当たってラインブレイクもあります

なので、太めをラインと重めのジグを用意したほうがおすすめだと思います!


なぜなら私がそのトラブルを2回味わったからです(笑)

自分の背中側で2回ヒットで船底に当たって両方ともにラインブレイクでハートブレイクしました

近々、春の鰤を丹後や小浜に狙いに行かれる方はラインブレイクでハートブレイクしないように対応してくださいね



【使用タックル】

ロッド・T,KustoM KK DOTERA





T,KustoM Hauler プロト





    T,KustoM VAGI STICK プロト


リール・ステラ 8000..etc

PE・2~3号

リーダー・30~50lb


ヒットジグ・セミロック 赤金 
鉄ジグ スイムライダー 赤金
スイミング ハオリ ゴールド
オッターテイル 鉛 ITS オリジナル
CB-ONE Z4 & Quick Zero...etc


暖かく釣りにはもってこいの季節になってきました!!もうすぐ、GWに鰤狙いで丹後や小浜や三国に出掛けてみては?


これで小浜鰤ジギングの紹介を終わらせて頂きますm(._.)m

      

三重県志摩沖のヒラマサキャスティング‼

4月15・16日の2日間を三重県志摩でヒラマサの誘い出しをしてきましたので紹介させて頂きます





その前に私がオフショアを始めるキッカケはシイラのキャスティングでメインはほぼキャスティング...


しかし、何故に今はキャスティングを封印してジギングがメインになっているのか?


実は私の不注意で知り合いの方にキャスティングで怪我をさせてしまった事があるからです


それ以来、またキャスティングで誰かに怪我をさせてしまうかもしれない...


そんな恐怖が私の頭の中に焼き付けられていたからでした


しかし、今回その恐怖心よりも三重県志摩のフィールドでキャスティングによるヒラマサを捕りたいっという気持ちが恐怖心より勝ったので、もう一度キャスティングに挑戦することに至りました


はじめから暗い話からのスタートになってしまって申し訳ありません

私がキャスティングをやらなかった理由はこのような理由がある為でした



さて、本題に移ります!!


お世話になるのはいつもお馴染みの【小海途丸さん】





また、同行メンバーはT,KustoMのフィールドスタッフ梅村氏とチームメンバーの岡田氏と他に乗り合いの3人の方と共に初日の志摩のヒラマサに挑みました!!





港を出発してポイントに向かうと思った以上に風が強く、また波も高い...


これはキャスティングには厳しい状況に違いない


キャストする事もルアーを綺麗にアクションさせることも難しい...


この状況で志摩のヒラマサは顔を見せてくれるのだろうか?


とりあえず、怪我をしないように安全にヒラマサゲームがスタートしていった





投げる!





誘う!





投げる!!





誘う!!





投げる!!!をひたすら繰り返し続ける...



すると船長が『梅村さん!チェイスチェイス!!』っと叫ぶ


バイトまでは至らなかったが梅村氏に魚からのチェイスがあったらしい


魚は居る!!この魚からのコンタクトで俄然気合いが入り丁寧にルアーを跳ねさせないようにアクションさせると...



私のルアーの後ろで海面が割れた!!


重みがのっていないのでそのままアクションさせると潜らせたルアーにギラリと光る魚体がアタックして重みがのったのでフッキングを決める


とりあえず、水深が浅いので強引にロッドを立ててリールをゴリ巻き


そして、上がってきたのは...





丸々と太った鰤でした!


ヒラマサではなかったが久しぶりのキャスティングで捕れた魚なので素直にうれしかった


その後もひたすら投げて誘っての繰り返しが続いた


すると私のルアーにチェイス!!


そのまま変化をさせないように引き続けるとロッドに重みがのる


すかさずフッキングを入れて強引にリールをゴリ巻きして上がってきた魚は...





小型ではあるが本命のヒラマサ!!


サイズはどうあれ、今回の目的が達成されたのは間違いない


恐怖心で避けていたキャスティングでこんなに達成感が味わえるとは思いもしませんでした


本当に勇気を振り絞ってキャスティングに再チャレンジした意味がありました!


本当に私にとっては志摩というフィールドでヒラマサが釣れたことに喜びが溢れた


その後もひたすら投げ続けてヒラマサを狙う


すると私の隣で『後ろについた!!』っと岡田氏が声をあげる


私は岡田氏のルアーを探していると...


突然!!私の右前方から凄まじいスピードでルアーに魚が飛びついてきた!!(この光景は今でも鮮明に覚えています)


岡田氏はフッキングを入れる!!





丁寧なファイトでやり取りをする


そして、無事にランディング!





これも本命のヒラマサ!!


サイズは大型とまで言えないが嬉しいサイズと言っていいヒラマサだと私は思います


岡田氏、志摩ヒラマサおめでとうございます🎉


これはいい流れがきている!!っと思った時に...


船長から『ダメだこりゃ!!』の声が...


ウネリがよりいっそう酷くなったので早あがりが決断された


いい流れが来ていた為に残念ではあるが安全第一なので帰港となった...


港近くの素泊まりの民宿をとり、2日目の戦略と釣り談義を船長と明日からご一緒に乗船常連のお客さんを交えて近くの居酒屋で楽しく食事をして2日目に備えて就寝についた




16日、朝5時に起床して港に6時に集合で2日目がスタートしていった











初日と同じポイントに向かうが昨日とは全く違う海が広がっていた


快晴・微風のベタ凪ぎで最高なキャスティング日和!!

もしかしたら、大型のヒラマサが出るかもしれないと心が高鳴る💓


とにかく投げて誘う!!








を繰り返し続けた...



しかし、全く魚からのコンタクトはない


チェイスすらない...



昨日と違うのは風の向き潮の色が濁っている


これが原因なのか?全く反応がない


また、周辺には昨日には居なかった釣り船がチラホラ見える


ほんの少しの違いで魚からのコンタクトはここまで変わってしまうのか?


それでも諦めずに狙うがその後も反応が無いままに時が過ぎていく


そこで船長がポイント移動を決断する!


移動して誘い出しで狙うが魚からのコンタクトは無い...


船の周りを見渡すと遠くの方に鳥山ができているのが見えた!!


すぐに船長に話すと鳥山に向かって移動となった


とりあえず、鳥山周辺にキャストして誘い出しを開始するがなかなか反応してこない....


そこで常連の奥野氏がジギングで攻めると





魚をヒットさせた!!





ランディング成功で








丸々と太ったワラサであった!


そこで同行の梅村氏もジギングで攻めると





見事にヒットさせた!!





楽しみながら丁寧なファイトで魚をあげてくる





そして、ランディング成功!!





この魚は丸々と太った鰤でした!!


お二人ともお見事です(ノ゚∀゚)ノ



このジギングで仕留めたワラサと鰤で今回2日間の志摩でのヒラマサチャレンジは終了となった...


東海地方でヒラマサが狙えるフィールドが幾つあるのかわかりません

しかし、志摩には間違いなくヒラマサは居ます!毎年コンスタントに開拓して釣れるようになってきているようです


確かに外房や九州みたいに個体数は多くはないと思いますが、やり続ければいつか夢のサイズのヒラマサに出逢えるかもしれません!!


私はこの三重県志摩沖で大型のヒラマサに出逢えるまでストイックに投げ続けて行きたいと思っています


時間は掛かると思いますが絶対に大型ヒラマサやったります!!


その時は男泣きするかもしれません(笑)




【今回も男のワンタックル!!】

ロッド・8フィート 

リール・ステラ18000

PE ・ 6号

リーダー・T,KustoM ULTRA INVISBLE130lb

ヒットルアー





キャスティングロッド1本勝負でした(笑)




これで志摩でのヒラマサキャスティングの紹介を終わらせて頂きますm(._.)m

釣りは夢と感動を与える最高の趣味💓

お久しぶりの投稿ですいませんm(._.)m

釣りに行っていなかった訳ではなく、なかなか良い釣果に恵まれなかったのが現実です


しかし、3月5日に衝撃の出来事があり再び釣りの楽しさを再確認して考え方を変えることに決めました





それは魚が釣れた釣れないじゃなく『釣りをどれだけ楽しむのか!!』に気付かされたこと...


なので、いい釣果が出なかった釣りだからアップしないっというのは私の中でやめることにしました

っということで今回の本題に移る前に3回の釣行があったので簡単ではありますが紹介させて頂きますm(._.)m


1月中旬にバラムツチャレンジに

この時は今期最高の寒波到来して極寒の中でのナイトジギングでした...

風も波も高く、-3度の気温の中での釣りで流石にこの時は少し釣りを嫌いになったような気がします

初のバラムツ挑戦をする3人も含めて6人で釣り





皆さん寒い中で

















また、厳しい状況の中で








ヒットさせるもバラシもありでしたが...





岡田氏と





私の2本のみで終了...


初挑戦の3名に極寒地獄を体験してもらった状態になってしまい

企画した私が少し凹みました

次はもう少し暖かくなったら初挑戦だったメンバーにバラムツの面白さをわかってもらうつもりです

地元に戻ったらこんな状況でした(笑)





極寒のなかで皆さんお疲れ様でしたm(._.)m




次に2月中旬には三重県志摩でのご馳走便で強烈な程にご馳走を釣りました!


水深180mを狙って





巨大ウッカリカサゴを連発‼








これも最高の1日でした!




次に鳥羽でのシーバス狙い


しかし、シーバス祭りが終わった後でのタイミングだったようで...








結局は釣れる魚を狙うことになってしまい



その中で同行のメンバーに





いいサイズのサワラに





喧嘩ブリがヒット!!


また、私に何故かヒラメが2枚(笑)








他にホウボウが少々で終了...

しかし、楽しいメンバーで過ごせた1日でした(笑)




次に本題の考えが変わった3月5日の釣行です!


前日の正午にIN THE STREAMに参加メンバーが集合して静岡県伊東市に向かう準備でIN THE STREAM号にガソリンを入れる

ターゲットは深海のモンスター『アブラボウズ』!!





ガソリンと期待を詰め込んでいざ出発!!


のんびりと休憩などをしながら移動して夜7時頃に今夜お世話になる宿に到着した


部屋に入ると立派な料理が用意されており、早々にその料理を堪能することにした





早朝3時30分に起床してコンビニに朝食と昼御飯を買って港に向かう





朝5時に港に到着するとひろし船長も到着





ボチボチと準備を進めながら船に荷物を積み込む





準備が出来たのでポイントに向かって出発








ポイントまで15分程で到着して6時からフィッシングスタート!!


水深550~560mを狙います


しかし、底潮が効いてない....


難しい状況の中で深海のモンスターを狙う!!


使用ジグは700~800gでラインはFIRE
LINE 1.5~2.5号でリールには1200m入れています


流石にこの水深だと着底まで10分ほどかかります....

また、回収には25分くらいで相当な労力を使う状態です...


魚を探るレンジは下から20m程、でもウォータープレッシャーとジグの重みでかなり辛い


メンバー全員初挑戦のアブラボウズなのでどのように誘えばいいのか?各自が考えてアプローチを繰り返す


しかし、なかなか魚からの反応はない...


その為に若干心が折れてしまう状態


何をすれば反応があらわれるのか?この釣り自体が反応が少ない釣りなのかすらわからない


そこでひろし船長が【水中火山のポイントに行ってみようか?】っと提案された...


ポイントに移動中に魚探を覗いているとハッキリとした水中🌋が魚探に写し出されていた


水深は先程のポイントよりも100mほど深く660~680mでここまでくると100m深くなっても気になることはなくなっていた


とりあえず、釣れる釣れないじゃなくやれることはやるしかない


すると岡田氏がヒットの声をあげた!!





この水深で何がヒットしてきたのか?


それなりに引く魚のようだがジグの回収だけでも辛い中での魚の引きと重さが加われば想像を絶するものがある


水面まであげるのにどれくらいかかるのか?


今の私達には想像も出来ない...


深海に住む何者かと岡田氏は必死に闘い続けている





手首が悲鳴をあげ始めたようで顔が苦痛に歪んできた...


私はとりあえず『がんばれ!もうちょっと!!』と応援することしかできない


ラインも棚ボケして今が何メートルかも分からない...


【あと50m】っと言葉を何回聞いたかわからない...


ようやく魚の姿が見えた!!





船長が【アブラボウズは白く見えるから!】って話していたので覗いてみると


白い魚体が見えた...‼


もしかして、アブラボウズなのか?


船長がギャフの準備して魚にギャフを入れる‼







姿を見せたのは...





バラムツの10キロクラス


アブラボウズではなかったが、この一匹で周りのメンバーの活性が上がったのは間違いない...



次の投入に気合いが入る!!


また、少しずらしたポイントに到着


水深は680mで緩やかに深くなる地形


この投入にあの出来事が起こるとはこの時誰も思っていませんでした....


ジグの投入は水深が深いので全員同時には投入できないので船先の二人が先に投入してから船をバックさせて後方の二人が投入するやり方です


先に投入した二人が着底してジグを操っているが後方の私と川嶌さんはまだフォールの真っ最中...


すると右舷前方の山口氏が何かをヒットさせた‼

底から10m上げた所でヒットしたらしいが根掛かりのように動かないらしい...


思いきって指でスプールを押さえて引っ張ってみると2メートルほど持ち上がり10メートルほど巻き取ったのちに30mほどラインを出されたっというか沈んで行った感じだったと山口氏は語った


ここから深海モンスターアブラボウズとの死闘がスタートしていった...(まだこの時はアブラボウズだとは誰も思っていません)


丁寧にバラさないようにラインブレイクにも気を付けながら、魚の動きを感じながらゆっくりと魚との距離を縮めていく


しかし、その道のりは果てしなく遠い...





額に汗をかきながら気が抜けないファイトが続く





時折、大きく首を振って抵抗してラインを出し、また上に向かって泳いで山口氏を焦らせる...


その攻防が何度も繰り広げられる


私達は見守る事しか出来ない...








ヒットからどれくらいの時間が経っただろうか?


凄い集中力の山口氏に対して私達の集中力は申し訳ないが切れて緊張感がなくなっていた...(山口さん、すいません)



もうそろそろ水面近くに来ているのかの確認の為に海面を覗く...


すると、またもや白い魚体が見えてきた!


さっきの岡田氏と同じバラムツだと誰もが思っていた

バラムツだったとしてもさっきのサイズより明らかにデカイ魚体が確認できた


40~50キロのバラムツだと私は思っていた...


すると船長が叫んだ‼

『それ、アブラボウズだよ‼』

私は(゚Д゚≡゚Д゚)゙?


目を凝らしてゆっくりと持ち上がってくる巨体を確認するとメチャクチャデカイ‼‼





恐怖を感じるくらいの大きさの深海モンスターがすぐ目の前に浮上してきた‼


はっきり言って釣りでこんなにテンパったのは初めてでした(;´゚д゚)ゞ


船長がすぐにギャフを1本掛けるが魚が首を降れば外れるおそれがある


しかし、サポート役がテンパって棒立ちになってしまった...


船長が【前にあるギャフ持ってきて!!】っとの言葉で我にかえった私がギャフを取りに行き、人間の頭も軽く飲み込みそうな口の中にギャフを突っ込んで内側から差し込んだ!!


とにかく、船の上に乗せないと安心は出来ない...


船長と二人で声を合わせて【せぇ~の】で船に持ち上げた





初めて見るアブラボウズがこのサイズ!!

何が何だかよくわからないが興奮状態が続いた(笑)


明らかに60キロは超えていると思った

とりあえず、魚が悪くなるのでクーラーボックス入れることに





これにも一苦労...








尻尾を持って横にしようとするが尻尾の付け根が太過ぎて握れない(焦)





何とか向きを変えたが大きすぎて尻尾が飛び出る(笑)





この魚を見れただけで満足したので、まだ釣りをする時間は少しあったが船を港に戻してもらうことに


帰港する船上でも興奮はとどまることをしりませんでした(笑)


果たして、このアブラボウズは何キロなのか?











何十人ものダイバーが魚にビックリしながら計りに載せたところ


なんと‼





66.35キロの巨大なアブラボウズ‼


本当に良いものを見せてもらいました


例え自分に何も釣れなかったとしても、この魚の捕獲に立ち合えたことにとても感動しています!また、山口氏が釣り上げた魚なんですが自分が釣り上げたかのように嬉しいのは自分でもわかりません(笑)

本当に山口さん感動をありがとうございましたm(._.)m

また、同行のメンバーの川嶌さん・岡田氏・ひろし船長にもこんな機会を下さって本当に感謝しています!


こんなに釣りで興奮でき感動をしたのは初めての体験で本当に釣りが趣味で良かったと思う1日で一生記憶に残る日になりました!


これから先、またこの様な興奮・感動できる魚を求めて趣味の釣りに没頭していこうと思える出来事でした!


また、今回のアブラボウズ捕獲の動画もありますので私達のテンパったところを笑いながら巨大なアブラボウズの迫力も確認してみてくださいm(._.)m

TRY AND ERROR in Palau




新年明けましておめでとうございますm(__)m


2017年1月4~8日まで連休を利用して南国のパラオにチャレンジしてきたので紹介させて頂きます


かなりの長文になのでご了承くださいm(._.)m


今回はT,KustoM FIELD STAFFの梅村氏にお誘い頂きました





朝10時の成田空港パラオ直行便のフライトにて目的地に向かいます





フライト時間は大体4時間半程


飛行機から降りると冬の日本とは真逆の平均気温28℃の南国の島🌴に到着


そして、今回滞在するパラオロイヤルリゾートホテルに...





何故か?まだクリスマスツリーが飾ってある(笑)...細かいことは気にしないのが南国スタイルなんでしょうか?

私達からすると暖かいクリスマスは想像が出来ない


とりあえず、ホテルでのんびりと明日からの釣りの準備をして就寝することに









パラオ釣行初日、朝9時にSARA GUIDE SERVICEの久米さんのガイドでエメラルドグリーンのパラオの海に挑んだ





移動の途中には戦争で使用していた大砲が洞窟に置き去りになっており、この洞窟から敵国の船を大砲で狙っていたとのことです





色んな事を考えさせながら綺麗な海をポイントまで移動します



まずは肩慣らしにキャスティングでGTを狙うことに





潮が当たっているリーフエッジ付近に梅村氏がルアーをキャスト!!



一投目からバイト‼






T,KustoM CHAGER MHが綺麗に曲がる!








勝負は一瞬でついた...







今回のパラオファーストフィッシュは綺麗なGT‼






早々の魚からのコンタクトに期待は高鳴る


続いてはジギングのポイントに入る


水深は浅く60m~90mをメインに攻める


すると...







小型のカンパチ・アオチビキ・色んな種類のハタ系が多数ヒットしてくる


飽きないくらいに魚達が遊んでくれる


また、タイミングを見計らってリーフフィッシングでライトキャスティングをやることに






強烈に綺麗な海に見とれながら10㎝クラスのシンキングミノーをキャストすると


海が透き通っているためにルアーを魚がチェイスしてくるのが見える‼


これが堪らなく面白い((o(^∇^)o))


早めのただ巻きでチェイスさせて、ワンアクションさせると狂ったようにルアーにアタックしてくる


ヒットしてくるのはキツネフエフキと小型のハタ類がワンキャスト&ワンフィッシュしてくる





このフエフキ系はサイズの割りにかなりのファイターで私達を思う存分楽しませてくれるd=(^o^)=b


また、ライトキャスティングに相応しくない魚もヒットしてヒヤヒヤさせられる事も(笑)


梅村氏のライトキャスティングにヒットしてきたのは...







130㎝オーバーのバラクーダでランディングする際に無理できないので若干苦労させられた(汗)


パラオの海は本当に魚が豊富で私達を楽しませてくれる


しかし、スコールが訪れた為に今は使われていない港湾事務所跡に避難することに...









ここで避難がてらランチタイムをすることに


ランチも食べ終わり、私はカメラを持って






パシャリ!






パシャリ!!っと写真を撮っていると...



何故か休憩中にもかかわらず





ショアから釣りをする梅村氏(笑)


本当に釣りが好きな人です



お腹一杯になりスコールも通り過ぎたので釣りを再開する





向かったのは90mラインのジギング


相変わらずポツポツとハタ類がヒットする


また、イソマグロもヒット!!






1日中頻繁に魚が遊んでくれて初日は終了していった....



ホテルに戻ってシャワーを浴びて、今日釣れた魚を持ち込んでの晩御飯





カンパチの刺し身に





アカジンのボイルなどお腹が一杯になるまで堪能してホテルへ








明日の準備を整えて就寝💤




2日目も朝9時にSARA GUIDE SERVICEで出発です


この日は梅村Jr.もパラオの海に挑みます!!





キャスティング・ジギング共に初挑戦!!

何とパラオでデビュー戦( ̄□ ̄;)!!!

普通ではあり得ないことなのかも





綺麗な海にJr.も超ご機嫌((o(^∇^)o))


ライトキャスティングからスタート!!





梅村氏はJr.に丁寧に優しくレッスン🎶


すると...先生と生徒が優秀なので








簡単にヒットに持ち込む‼


多分、僕よりも上手です(;゜∇゜)


やっぱり子供は飲み込みが早くすぐに独り立ちして





親子でガンガン釣りまくる...





青色斑点がとても綺麗なカスミアジ!





水族館などでしか見られない【ナポレオンフィッシュ】

実際に見るのは初めての魚で幼魚は肌色で成魚は鮮やかな青ががった緑色になるみたいです!また、大型になると60キロにもなるようです!





っと言った魚達がライトキャスティングでヒットして私達を楽しませてくれます


また、ライトキャスティングの合間にジギングをすると





先日同様でカンパチやハタ類が心地よくヒットしてくれる





2日目も思う存分楽しんで帰路についた...






勿論、この日の夜も釣った魚を持ち込んでレストランでの晩御飯、そして明日の最終日の釣りの準備をして就寝についた...







パラオ釣行3日目(最終日)





今日のガイドは【ISLAND SEED】で現地人ガイドのエリックに大物を狙いたいと告げる





ペラペラな日本語と冗談も言えるパラオ人エリックは日本に12年住んでいたとのこと、また日本でジギングの勉強もしてきているとのことである


GTは勿論のことスロージギングからジギングまで自らパラオで釣りをしてきたエリックに最終日の釣りを全て任せることに





快調にポイント向かうエリック!!


私達をどんな大物の楽園に連れていってくれるのか?((o(^∇^)o))


まずは小手調べでリーフエッジの60~100mをジギングで攻める





魚探には反応があるみたいだが、なかなかヒットしてくれない....


そんな中で梅村氏のロッドが海面に突き刺さる!!


リールからラインが出されてドラグが唸りをあげる


リールを巻こうと思っても巻ける状況ではない...


間違いなく大型の魚である!!


しかし、何度も強烈な突っ込みをされたのちにソリットリングとリーダーの結び部分が切れてしまう...


ラインブレイクは残念だが、やはり強烈魚がいるのは間違いない‼


その魚がいつ来てもいいように体勢を整えながらジグを操る


しかし、なかなか魚からの反応は帰ってこない....


そこでエリックが『次に行きたいポイントがある!』っと言うことで移動することに






今度のポイントは完全なドロップオフのポイントで見るからに強烈な魚が居そうな雰囲気が感じられた


ドロップオフとは、断崖絶壁のように一気に水深が落ちるポイントの事を言います


そのポイントは80mから一気に170mに落ち込みもう少しずれると600mまで落ち込むワクワクが止まらないポイント


若干、ジグを海底に沈めるのが怖いが恐る恐る海底にジグを送り込んだ...


まずは浅い80mで着底


大体、水深の半分くらいまでシャクリあげてもう一度落とし直すとやはり80mで着底


そして、底から15m誘ったところで引ったくるようなバイトでヒット!!


しかし、期待はずれの小型魚がヒット...


何の抵抗もなくすんなりと残り30m.まであげてくると急にロッドが海面に引きずり込まれた!!


明らかに魚が変わった...


何となく正体は分かっているものの久しぶりの暴力的な引きに嬉しさが隠しきれなかった(笑)


時よりフルドラグのリールからラインを出されてドラグ音が響く


流石に相手も疲れたのか?下ではなく横に泳ぐようになり最後は上に向かって泳いで来たと思ったら豪快なジャンプを披露してくれる\(^o^)/


堪らなく格好いいO(≧∇≦)O


また、次のジャンプをしたときに鋭い歯が付いている口の中にラインが入ってしまい
ラインブレイク....


サイズ的には150~160cmくらいのシャークであった


サメは危ないので逆にラインブレイクして助かった(;゜∇゜)


そして、もう一度同じポイントを流していくと水深170mの海底に落ち込んだ


10mほど巻き上げると...


強烈な重量感と共にドラグ音が響いた






とにかくラインを出さないようにハンドドラグもかけるが止まりそうで止まらない...


しかし、スピードと言うよりもトルクが半端ない感じがしたが何とか止めることに成功して巻き上げに入ろうとした瞬間ラインテンションが抜けた....


しかし、ジグの重みはあるのでラインブレイクはしていない


回収して見てもフックもジグもしっかりとついていた( ̄□ ̄;)!!


また、ジグにも牙が刺さったような傷跡もない... サメではない


何故にフックオフしてしまったのか?


なんだったのか正体はわかりませんが大型のハタ類だったのかもしれません


手応えがあっただけに悔やまれる...


そんな中で梅村氏が着底前の中層フォールで何かをヒットさせる





本人はそんなに引かないと言っているが間違いなく小さい魚ではない


ジュワジュワ丁寧にあげてくると...





招かねざる者のシャーク...
丁寧に海に帰ってもらいました


このサメでポイントを見切り、次のポイントへ





このポイントはペリリュー島でエリックが一押しの場所らしいが潮がもの凄く早くピンポイントで狙ったところにジグが入らない事の方が多いが魚が掛かれば大型が期待できるとのこと


また、ペリリュー島は2015年に天皇陛下が訪れた場所でそれ以来日本の観光客の方々がよく訪れる観光スポットになっているらしいです



期待の1流し目


ラインが70mで着底、素早く巻き上げて誘う


次の着底は60mで深い方から浅い方に流れていく、また同じく素早く巻き上げて誘う



次の着底40mで同じく素早く巻き上げて誘うと....


10m誘い上げたところで強烈なバイト‼


今までとはレベルの違うスピードと勢いでフルドラグのリールからラインが出ていく


止めようにもハンドドラグも出来るようなスピードではない

触った瞬間に手が弾き飛ばされるレベル


とにかく耐えながら相手が止まってくれるのを祈るしかなかった...


その時の水深はわからないが相当浅かったんだと思います


魚を深場に引っ張りたいのでエリックが船を深場に急いで走らせて勝負に出ようとした瞬間...







またもやラインテンションがなくなった( ̄□ ̄;)!!


ジグもアシストフックもリーダーも全部ある、何故にフックオフしてしまうのか?


フッキングしてない訳ではないし、針先も全く鈍ってないのに...


実際、放心状態が何分か続いたが何をしてももうさっきの魚は戻ってこない...


この数少ないチャンスを物にして魚を取るか取らないかでは天国と地獄の差がある


そんなこんなで全工程の楽しいパラオフィッシングは終了していった....






今回パラオに挑んで(TRY)悔しい思い(ERROR)をしましたがこれもまた勉強です!!


そんな簡単に釣れないことは百も承知です


私はWINNER(勝者)よりもCHALLENGER(挑戦者)の方がいい


追われるよりも追う方が好きなのです(笑)


夢は追い続ける物だと思います


追い続ける事で色んな考えや対策が生まれる

それがバッチリ当たって答えが出たときの感動は計り知れないものが待っているんじゃないでしょう?


それがあるから私はチャレンジし続けますO(≧∇≦)O



また、今回強い魚と遊ばれて良いこともありました、それはタックル全般に言えることです!


その詳細は...

ロッドはテスト中のT,KustoM CUDA VAGI STICK MHをメインに使いました





私の考えは1日ヘビーウェイトのジグをシャクリ続けられることでしたが、ほぼ3日間280g~350gを1日シャクリ続けることができました

また、魚をかけると手前から曲がって魚の引きも対応することが出来たと思います


次にリーダーですが、フロロカーボンが強いと思います

ナイロンはしなやかで伸びがあるのがメリットですが、伸びきったところにキズが入るとそのままキズが裂けて切れてしまいます


しかし、フロロカーボンは固い伸びがないが特徴でもありデメリットでもありますが、私は伸びがないから固いと思っています、伸びないのでキズが入りにくく裂けないと考えています


今回、私が使ったフロロカーボンは170lbで確かに値段が高いし結ぶことも一苦労しますが間違いなくフロロカーボンにしてからは根ズレによるラインブレイクもなくなったと思います


次にアシストフックのラインですが歯のある魚をかけるとよくアシストを切られることがありますが、今回はこれを使用したら1つも切られることはありませんでした(あくまでも300lbの話です)








この上記の3つ事は私の中で考えて試しに使ってみたところ効果があったと思います


【その他の使用タックル】

リール・ステラ14000~20000

フック・T,KustoM OIL FISH
    ソルティガ 5/0




PE・6号

リーダー・フロロカーボン 170lb

ジグ ・チャクラ デルタ 350g
プラチナジグ セミロック 260g


キャスティングタックル

リール・ステラ 14000

ロッド・T,KustoM CHAGER MH





PE・5号

リーダー・T,KustoM ULTRA INVISBLE
130lb

ルアー ・カーペンター ブルーフィッシュ...etc


良かったら参考にしてみてくださいm(._.)m


相当に長文になりましたが、これで『TRY &ERROR in Palau』の詳細は終わりです


お誘いして頂いたT,KustoM 梅村さん本当にありがとうございました‼


また、皆さま本年もどうぞ宜しくお願い致しますm(._.)m



special thanks
・ANGLERS NEST
・SARA GUIDE SERVICE
・ISLAND SEED



最後にパラオのおまけ写真です‼

















以上パラオのおまけ写真でした..(・∀・)ノ
プロフィール

VAGI

Author:VAGI
T.KustoM Field Staff VAGI

カテゴリ
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。